2017/6/13

苦手科目を克服する方法

どんなに勉強が得意な子でも苦手な科目や分野はあるもの。

先日のことです。

数学です。

小学校のころから図形分野が苦手でした。

もちろんそれを本人も自覚していて

図形の単元に入ると必死に勉強していましたが

どうも苦手意識は克服できないままでいました。

「やっぱり図形は苦手で…」

「それを克服するために毎日何かやってる?」

「いえ、特には…」

「苦手意識があって、何とかしたいと思っているなら毎日何かやろうよ!」

「毎日ですか!?」

「そう、毎日」

「でも、他にやらないといけない勉強があるし…」

結局は苦手から逃げているんだなとなと感じました。

「1日10分でも15分でもそれのために時間は作れないの?」

「…」

前にも書きましたが、勉強は日々の積み重ねです。

コツコツ日々頑張る人に勉強の神様はほほえみます。

そうした日々の頑張りを努力と呼びます。

こういう話があります。

1日100回、1年間腕立て伏せを続けた人と

1日10回、10年間腕立て伏せを続けた人とでは

どちらが筋力がついているかというと

1日10回10年間続けた人だそうです。

日々の努力がしょぼくても

続けることで、大きな結果を生むのです。

だから、やるしかないんだ!

がんばれ!

最新記事
月別アーカイブ
無料体験学習
 
 
個人契約よりも高機能な学びエイドマスターを使用
紹介動画はこちら
 
相談
 
高校入試相談
 
 
  【代表 加藤寛】
大津市石山で小3生から大学受験生を対象とした個別指導、自立学習指導の個別進学セミナー、年中から小学生までのそろばん塾ピコを運営しています。
 
学生時代より生徒指導を始めて30年。その間指導した生徒は延べ20000人以上。
 
学習指導にとどまらず、カウンセリングやコーチングの技術を用いて、子どもたちのメンタル面を引き上げる指導も行っています。
 
お子さまの成績がいまひとつ伸びない、もっと伸ばしてあげたいとお考えでしたら、ひとりで悩まずご相談ください。今の状況を変えるきっかけとなるかもしれません。
 
代表 加藤がメディアに取り上げられました】
塾長加藤取材