2017/5/29

点数に一喜一憂しない

テストの点数、気になりますよね。

当の本人はもちろんですが、親御さんはもっとかもしれません。

塾に通わせているならなおさらでしょう。

期待が大きくなるものです。

ところが親御さんの期待に反し、思ったほど点数を取ってこなかった場合、お子さんへの対応はどうされていますか?

点数だけ見て、カッとなって

「なんなのよ、この点数!」って叱りつけたりしていませんよね(笑)

そもそもテストというのは決まった範囲の中での理解度を測るものです。

どこができていなくて、どこが理解できているかというのを見て、次の勉強のための指針にするためのものです。

ですので、返ってきた答案は十分精査しなければいけません。

そして、伸びしろを見つけてあげて、次につなげるためのアドバイスをしなければいけません。

良くても悪くても、決して感情的に点数を見ないよう気を付けたいものです。

最新記事
月別アーカイブ
無料体験学習
 
 
個人契約よりも高機能な学びエイドマスターを使用
紹介動画はこちら
 
相談
 
高校入試相談
 
 
  【代表 加藤寛】
大津市石山で小3生から大学受験生を対象とした個別指導、自立学習指導の個別進学セミナー、年中から小学生までのそろばん塾ピコを運営しています。
 
学生時代より生徒指導を始めて30年。その間指導した生徒は延べ20000人以上。
 
学習指導にとどまらず、カウンセリングやコーチングの技術を用いて、子どもたちのメンタル面を引き上げる指導も行っています。
 
お子さまの成績がいまひとつ伸びない、もっと伸ばしてあげたいとお考えでしたら、ひとりで悩まずご相談ください。今の状況を変えるきっかけとなるかもしれません。
 
代表 加藤がメディアに取り上げられました】
塾長加藤取材
 
 
英駿ツイッター
 
英駿フェイスブック