滋賀県大津市石山の個別指導塾・学習塾 英駿個別進学セミナー

 
 

あなたは、トマトやキュウリを上手に育てる秘訣をご存じでしょうか。

何かで読んだことがあるのですが、その秘訣とは・・・

子育てのヒントにもなるお話です。

それは「苗を植えた直後に水を与えたあと、

その後数日間、水をやらない」ことだそうです。 

水をやらないと、当然ですが、しおれてきます。

ピンチの状態ですね。

そして、「これ以上水をやらなかったらマズそう・・・」

というギリギリの状態になったら水をやり、
 
その後は、普通に水をやって育てるそうです。

このように、植え付けたあとに、しばらく水をやらなかったトマトやキュウリは、

背も高く、茎も太くなって、丈夫な実がつくのだそうです。

つまり、水がないというピンチの状態を経験したトマトやキュウリは、

水を求めて根を深いところまで張りめぐらせるのです。

カボチャをたくさん収穫する方法というのもあるそうです。

ふつうカボチャは放っておくと、

1 本のツルに3 個~4 個の実がつくそうですが、
 
ある方法を使うと、なんと10 個以上の実がなるそうなんです。

農業研究家の赤木さんという方が見つけた方法なのですが、

それを知って私は大変驚きました。

その方法とはカボチャがそろそろ花を咲かせる頃になったら、

いきなり根本を引き抜くのです!

しかし、当たり前ですが全部を抜き取ってしまうのではなく、

「プツッ、プツッ」と根が切れる程度にまで引っ張り、
 
根が切れたら上から土をかぶせるのです。

カボチャにとっては、まさに生きるか死ぬかの究極の体験をすることで、

その後グングン根をはり、
 
わずか1 本のツルから10 個以上もの実をならせるほどに成長していくのだそうです。

これを読んで、人間も全く同じだなあと、つくづく思いました。

私たち大人でさえ、辛い経験やいやな思いをしたいとはなかなか思えません。

むしろ避けて通りたいと思うのが本音でしょう。

それが子どもであれば、なおさらです。 

いやなこと、しんどいこと、辛いことを望んで受け入れるには、

よほどの目的意識がないとできないものです。

しかし、私たちは、勉強に限らずいろいろなことで、

まだ精神的にも未熟なわが子に、
 
あえてしんどい体験をさせようとするのは、
 
親として本能的に、そして経験的にそのことを知っているからだと思います。

世間では、最近の子どもはなかなか「いざというときにがんばれない」「踏ん張りがきかない」と言われています。

ですが、私は塾生たちに、

ココ一番にしっかりがんばれる子どもになって欲しいと、心から強く思っています。

すべての子どもたちに、『いのちの根』を強く張りめぐらせて欲しいと願っています。

もちろん私自身も命の根を強く張っていくつもりです。

お母様、お父様も、ぜひお子さんを励まし、見守ってあげて下さい。 

 

滋賀県大津市石山の個別指導の学習塾 英駿個別進学セミナーお問合わせフリーダイヤル0120-73-4119

 滋賀県大津市石山の個別指導の学習塾 英駿個別進学セミナーインターネットからの資料請求、お問合わせはこちら

 

 

無料体験学習
 
 
個人契約よりも高機能な学びエイドマスターを使用
紹介動画はこちら
 
相談
 
高校入試相談
 
 
  【代表 加藤寛】
大津市石山で小3生から大学受験生を対象とした個別指導、自立学習指導の個別進学セミナー、年中から小学生までのそろばん塾ピコを運営しています。
 
学生時代より生徒指導を始めて30年。その間指導した生徒は延べ20000人以上。
 
学習指導にとどまらず、カウンセリングやコーチングの技術を用いて、子どもたちのメンタル面を引き上げる指導も行っています。
 
お子さまの成績がいまひとつ伸びない、もっと伸ばしてあげたいとお考えでしたら、ひとりで悩まずご相談ください。今の状況を変えるきっかけとなるかもしれません。
 
代表 加藤がメディアに取り上げられました】
塾長加藤取材
 
 
英駿ツイッター
 
英駿フェイスブック