石山、瀬田、中庄、膳所、柳が崎、山科のそろばん塾ピコ  

 
 

 

    フラッシュ暗算とは

フラッシュ暗算とは、パソコンの画面にフラッシュ式で出題される数字の問題を、珠算式暗算を使って計算するものです。

最近ではテレビなどマスコミ関係にも多く紹介されるようになり、一般の方にも知られるようになりました。フラッシュ暗算

一般的にはランダムに数字が出題され、それをただ計算するもののように思われていますが、本当のフラッシュ暗算は、20年以上の研究を重ね、そのデータを元どのような問題が頭にイメージしやすいかを難易度別に分け出題させることができ、練習者の暗算力を育てることができるものです。

つまりフラッシュ暗算とは、初心者から上級者までの全ての練習者においての暗算力を上達させることのできる画期的なプログラムなのです。

 

    珠算式暗算とは

珠算式暗算は、そろばんの珠をイメージ化して、頭の中に浮かべます。子どものときにしかつくる事ができない脳の場所

そして、それを実際のそろばんと同じように動かして計算をするのです。

この珠をイメージする場所は、右脳の後頭部のところにつくられます。

この場所は、子供の時にしかつくることができませんが、1度できると、その場所は生涯にわたって存在していつでも使うことができるのです。  

筆算式暗算は「左脳」、珠算式暗算は「右脳」を使います。

今までの大脳生理学では、すべての計算は左脳で行われていると考えられていました。

しかし、日本医科大学の品川教授の発見により、珠算式の暗算だけが右脳で計算していることがわかり、世界中の研究者を驚かせました。

下図では、筆算式の計算が、左脳を使っているのに対して、 珠算式の暗算は右脳を使っているのが良くわかります。

筆算式計算と珠算式計算の違い

珠算式の暗算は、青い部分が一箇所で白い部分が多いのは、集中している状態を表しています。フラッシュ暗算

この珠算式暗算法を会得するためには、まずソロバンのおけいこをすることが前提となります。

学校で習う筆算式暗算法の癖をなくして珠算式の脳に切り替える必要があるのです。                           

ピコでは、珠算検定6級に合格した時点で、「珠算式の脳への切り替え準備ができた」とみなして、本格的に暗算検定への取り組みを行っています。

そして、珠算2級~3級とともに、暗算2級~3級の取得を目標としています。

 

フラッシュ暗算とは、珠算式暗算をより早く、より深く、よりスムーズに身につけるためのプログラムです。

世界中で珠算式暗算法だけが右脳(の後頭部)を使って計算しています。その右脳(の後頭部)の大切な場所は子供の時にしかつくることができません。

珠算式の脳をつくるためには、小さい時から、ソロバンのおけいこをすると良いです。

ソロバンのおけいこをすると、指を動かしながら、ソロバンの珠をイメージするようになってきます。これは筆算式の脳から珠算式の脳へのチェンジ、あるいは 珠算式の脳の開発に役立ちます。

ソロバンのおけいこは、できるだけ基本に忠実にした方が効果的です。階段を踏み外さないように、入門編を終えて、検定編に入ったら、まず珠算6級の壁を乗り越えることです

珠算6級の壁を越えたら、珠算式の脳の使い方が、ある程度分かった(ソロバンの珠がイメージできる)と言えます。

珠算6級の壁を越えたら、本格的に珠算式暗算の検定に取り組み、暗算2~3級を目指します。

このように、ソロバンや暗算のおけいこを通じて珠算式の脳を開発する過程で、フラッシュ暗算というプログラムが使えます。

珠算6級の壁を越えるまで待たなくても、少しずつ珠算式の脳の開発をするプログラム…それがフラッシュ暗算プログラムなのです。

 

ソロバン・暗算のおけいこと並行しながら、フラッシュ暗算に取り組むと、よ り早くより深く・よりスムーズに、珠算式の脳の開発ができます。

ですから、通常のソロバン・暗算のおけいこ+αとして教室でフラッシュ暗算の練習に取り組むことをおすすめします。

フラッシュ暗算だけをやっていても、目が疲れたり、頭が痛くなったりします。+αは個人差がありますが、だいたい1回 10分から15分程度です。

 

フラッシュ暗算はプログラムの性能がその成果を大きく左右します。精密につ くられたフラッシュ暗算検定に基づいたソフトを使って練習することが望まし いです。

「日本フラッシュ暗算検定協会」のフラッシュ暗算検定は20級から10段まで30の階段が設けられており、問題量も多くて正確な測定ができますし、スムーズな学習が可能です。

ピコは「日本フラッシュ暗算検定協会」と提携しましたので、教室の中で公式な検定を受けることができます。また、練習用ソフトは検定内容に則したものなので安心できます。
 
ピコのフラッシュ暗算練習は、珠算6級の壁を待つ必要はありません。ソロバンの入門編の途中から、(2桁のみとり算に入るころから)練習に入ってOKです。最初は繰り上がりがありませんので、十分にできると思います。

 

フラッシュ暗算検定は、10問の試験になります。教室のパソコンを使っての試験になります。70%の正答で合格になります。受験後、すぐに合否が確定します。合格者には賞状と認定カードが発行されます。
フラッシュ暗算検定は、級や段によってレベルが徐々に上がっていきますが、珠算や暗算の検定とは全く違う面があります。それは、級や段が上がった途端に0点になってしまう可能性があるのです。6級が 100点でも、5級が0点…など。それだけ、瞬時に右脳で計算することはスゴイ技術なのです。

ご興味のある方は、各教室の担当の先生に、フラッシュ暗算コ―スについて尋 ねてみて下さい。

通常のおけいこ+α(10分~15分)教室のパソコンで練習するコースとなります。

 

滋賀県大津市石山の個別指導の学習塾 英駿個別進学セミナーお問合わせフリーダイヤル0120-73-4119
 
 滋賀県大津市石山の個別指導の学習塾 英駿個別進学セミナーインターネットからの資料請求、お問合わせはこちら

 

無料体験学習
 
 
個人契約よりも高機能な学びエイドマスターを使用
紹介動画はこちら
 
相談
 
高校入試相談
 
 
  【代表 加藤寛】
大津市石山で小3生から大学受験生を対象とした個別指導、自立学習指導の個別進学セミナー、年中から小学生までのそろばん塾ピコを運営しています。
 
学生時代より生徒指導を始めて30年。その間指導した生徒は延べ20000人以上。
 
学習指導にとどまらず、カウンセリングやコーチングの技術を用いて、子どもたちのメンタル面を引き上げる指導も行っています。
 
お子さまの成績がいまひとつ伸びない、もっと伸ばしてあげたいとお考えでしたら、ひとりで悩まずご相談ください。今の状況を変えるきっかけとなるかもしれません。
 
代表 加藤がメディアに取り上げられました】
塾長加藤取材
 
 
英駿ツイッター
 
英駿フェイスブック